捨てられた夫のメロン

以前に魔性の女=ナナのお話をしましたが、あのまま自分でメロンから

ソラに乗り変えて、今は自分でソラのケージに行ったまま、

メロンのケージには戻る事は二度となくなりました 



ソラはヒナの時から、ナナの娘のリンと一緒に育ち一緒に過ごしていたのですが、

リンが病気で亡くなってからは毎日寂しいのか、鳴き喚いていました…

今までは殆ど話さなかったのに、セキセイのチー譲りのお喋りをしていましたが、

ナナが着た途端に、お陰で何も喋らなくなってしまいました 

ナナがリンとソックリなので、どうもリンが戻ったと勘違いしているようです。

お話はしなくなりましたけど、仲良くイチャイチャ暮らしていますよ。



ナナは普段は大人しく、可愛いのにも関わらず肉色系女子なので、

年下のソラを必死で追いかけては、モーションをかけています 

ソラはナナに押されぎみながらも、嬉しそうにしていて

2羽共発情もしていますが、繁殖は今回は見送る事にしました 



一方のナナに出て行かれたメロンは、ベタベタインコちゃんになりまして、

私だけに纏わりついて、少々困っています 

私がキッチンにいる時も、間仕切りカーテンの前で待っています。

私の肩をル―ちゃんと取り合いをしては、お互いケンカばかりの毎日で、

私の肩と頭に上はメロンとル―とで取り合いをし、恐ろしい事に。

ついでに、ウン○があちらこちちから振ってきます 

2羽共、お互いに大嫌いな相手なので、仲を取り持つ私は大変なんです…



いっその事、2羽がペアになってくれたらいいのに…と思う私ですが、

人間の思うように簡単にはペアは出来ませんね・・・・・

只今、我が家では女子率が高くオスを増やす予定もないので悩んでいます 

発情したメスが多く、底網をしていても、ボロボロに出来るんですよ~これが。

チビは相変わらず新聞をボロボロにしますが、卵はなんとか産まずに済んでいます 


以上、さぼりがちでしたけれども、最近の我が家の近況です

スポンサーサイト

遺伝の話。

まだまだ完全に理解をした訳では有りませんが、今回は遺伝の話をしたいと思います。


今まで私が理解できなかったのは、ダーク因子の事でした。

これは、両親の片方だけにダーク因子が2つ有っても子供に遺伝する事は有りません。

オス・メスのどちらにもダーク因子が1つずつ遺伝的に無ければ、

グリーン系のオリーブ、ブルー系のモーブは産まれて来ません。

なので、売られているカラーの中で滅多にみえない貴重なカラ―になります。



もっと、不思議に思っていたのは優性遺伝やら劣性遺伝という難しい言葉は置いといて、

ルチノー・イノを繁殖させても同じカラーが出ないことです。

これは、オスが遺伝的に重要なため、メスがルチノー・イノであっても

子供はそのカラーは生まれて来ません。

オスがルチノー・イノでしたら同じカラーの子供が産まれます。

しかしながら、遺伝的にオスのルチノー・イノはとても生まれにくく、

ブリーダーさんもとても貴重なので、手放しませんので余程の事がない限り

手に入れることは、残念ながら出来ないでしょう 



ここで私がお勧めなのは、グリーン・ダークグリーンのW/spもち。

所謂ブルー・イノの遺伝子を持った子が組み合わせによっては産まれます。

この子達が上手く手に入れば、見た目はグリーン系でも

1羽で3羽を飼っていることと同じ効果が有り、

遺伝的にもルチノーやイノが産まれて来るのです。

この場合は分かる方も見えますが、偶然に繁殖をして分かる方が多いので、

見分け方として、メスなら必ずルチノー・イノは産まれるペアの

オスの子は50%の確率でスプリットを持って産まれますので、

参考になるかもしれませんね。



最近ではグリーン系のサザナミを見かける事がなくなって来ましたので残念ですが、

コバルト・ルチノー・イノ・スパングル人気の為、

繁殖をさせるブリーダーさんが減ってしまった事も要因です。

何だか寂しい気がしますが、我が家には何羽もいるので見飽きるほどですョ。


私の希望としては、自分でモーブ・イノのオス・ルチノーのオスを

産ませてみたいと言う夢が有りますが、そんな事を言っていたら

この先、何羽増えてしまうやら~???

とても迷います・・・

魔性の女?

我が家で一番見ていて面白いのが、いろいろな行動を見せてくれるナナ嬢。

いつもはカメレオンタイプなのかと思えば、突然に素早い動きに豹変をする変わりもの。

そのナナ嬢=マダムの最近の行動は、凄い事になっております。 



ケージから出て来ると、同じメスのお子ちゃまのルビーと求愛ダンスを披露。 

かと思えば、恐ろしい事に隣のソラ=♂1羽のケージに一目散に入り込み、

求愛しまくり、今にも上に乗っかるのでなないかと思う予感がするほど…

今までの夫で有るメロンには目もくれずに、隣でイチャイチャ~ 

いつまでもケージから出てこないので、お泊り決定の毎日・・・



隣のメロンは自分だけが寂しいのか、呼び鳴きしまくりなのに

ナナはすっかり忘れているかのごとく、無視を決めています 

この日常、どうしたら良いやら迷っている飼い主です 

メロンとは4回の繁殖を上手にしてきたナナですが、

これはメロンが良きパートナー=パパで面倒見がとても良かったからだけで。

メロンでなかったら、ナナの相手は出来ないのではないかと思うくらいです。



一方のソラはイケメンなのにも拘らず、2才にして繁殖の経験は無し。

ソラの子供が見てみたいとヒナの頃から思っていましたが、

辛いリンとの別れにソラは寂しがっていて、親で有るナナがリンに見えるのか、

ケージに入って来るとそれは嬉しそうにソワソワ・ウキウキしています 



リンと勘違いしているのか?ソラが発情をしているのか?

どっちか分からないけれど、様子を見て巣箱を作り繁殖も視野に入れたいと思います。

産まれる子はすべてノーマル/ブルーspになると思いますが、

正直グリーン系のヒナはもう散々育ててきたので、見飽きたかも…な~んて。

一度でいいから、赤い目のヒナを自分で産ませて育ててみたい。

そんな夢が有ります


  ※ ナナは市販の巣箱には絶対入りませんので、すべて手作りの巣箱です 
  

平凡な毎日

暮れのサザチビ達がいなくなってからは、何となく毎日が過ぎていくように感じています。

あまり気を入れないように育てたはずなのに、やっぱりいなくなると寂しいものですね・・・



うちにいる子は、リンを除けば元気いっぱいでケンカが絶えませんけど、

やっぱり元気な位が一番いいですね~ (*^^)v


この頃、すっかりメタボになってしまったカイです。

        110112_1940~010001

うちに来た時はガリガリでボサボサでしたが、今はこの通りです

首のくびれが全くない体になってしまいました・・・

おっさんみたいと言われています 




我が家一のイケメンのソラです。

              110112_1934~010001

どうやら、前に移っているブランコは足を挟む危険なおもちゃだそうなので、

撤去する事にし、他のものと変える事にしました。 


イノのふうとは、禁断のラブダンスを毎日しているところです。

一生あり得ない2羽ですが、やっぱり浮気はいけませんね~ 




すっかり、私には懐かなくなってしまったチビです。

               110112_1932~010001

あんなに一生懸命になって育てたのに、噛みまくりです… 

ここで、ペアのルビーとチュ~をし、お互いにカキカキをしています。

この2羽のペアは、変わった事ばかりしますので、

動画が取れ次第、アップしたいと思います 

究極の贅沢インコ

我が家のインコ達は、贅沢のも毎日私の趣味のピアノか歌を聴いています。

そんな中でも、一人前にピアノ曲により、好き嫌いが有るのには、

大笑いです~~~(*^^)v

嫌いな曲は、皆が揃ってのブーイングの嵐が… 

好きな曲は、ご機嫌でそれぞれが歌っているようですよー



この頃の至極の時間は、メロンが肩にいてのピアノ練習

でも、ハッキリ言ってお邪魔なだけで、いつもは絶対しないのに

この時ばかりは、何故だかチュー攻撃の嵐が・・・

ただでもテンポの速い曲を練習しているので、私としては迷惑なんですが。

と言いながらも、普段に構ってあげられないメロンにとっては

至福のお時間のようなので、いつも2人だけの甘ーいラブラブタイムです。



そしてこの私、ご縁が有りましてバンドでボーカルをやることになり、

毎日歌のお稽古がてら、CD・MDを聴いて練習をしているのですが、

これは他の子は勿論なのですが、一番喜んでいるのは意外にも

ルビーを改め、黄色い悪魔  デビちゃんが喜んで歌っています
 

   ルー


  上記は噂のデビちゃんでございます…



一度は手を痛めて嫌な思いをしたので、何もかも忘れようと諦めていた私ですが、

今は音楽を通しての友人が増え、ドンドン輪が広がりつつあり、

忙しくも充実をした毎日を送っています
GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。